変化する環境への適応:がん領域のバイオシミラーへの切り替え

コンテンツをシェアする

登録して、Jatinder Harchowal氏、Philippe Arnaud氏、Glenn Myers氏が、オリジナルの生物学的製剤からバイオシミラー製品への切り替えに伴う、主な検討事項に関して議論するのをご視聴ください。

トピック

バイオシミラーの日常的な使用に対する信頼性が向上すると、切り替えが容易になり、患者にとっては治療の選択肢が増え、病院にとっては費用対効果が増加します。このウェビナーでは、病院薬剤師や多職種チームのメンバーを対象に、生物学的製剤からバイオシミラー製剤への切り替えに伴う、主な検討事項について学びます。特に、患者の安全性やファーマコビジランスの要件、医療経済、患者とのコミュニケーションに関する要素に焦点を当てます。

この60分間のウェビナーでは、世界各国の専門家である講師陣の意見を聞くことができるだけでなく、疑問に思っていることを視聴者に質問することもできます。また、ウェビナーの中でアセスメント質問も出題されますので、聞きながら自分の知識を試すことができます。

対象者

この教育活動は、病院に勤務する薬剤師をはじめ、がん患者の管理に携わるすべての医療従事者を対象としています。

学習目標

このウェビナーの視聴後、視聴者は以下のことができるようになります。

  • オリジナルの生物学的製剤からバイオシミラーに切り替える際に、多職種チームの観点から考慮すべき重要事項を説明する
  • 異なるブランドの生物学的製剤を切り替える際に、ファーマコビジランス要件の認識を含め、患者の安全性を確保するための効果的な戦略を思い出す
  • オリジネーターの生物学的製剤からバイオシミラーへの切り替えによって得られる、潜在的な節約について説明する
コンテンツをシェアする
Emma Foreman

Emma Foreman

コンサルタント薬剤師
王立マーズデン病院(英国、ロンドン)

Philippe Arnaud

Philippe Arnaud

薬剤部門主任
ビシャ・クロード・ベルナール病院(フランス、パリ)

Glenn Myers

Glenn Myers

臨床薬剤師
Dr. Sheldon H Rubinオンコロジークリニック(カナダ、ニューブランズウィック州モンクトン)