生物学的製剤 は、がん自己免疫疾患をはじめとする、複数の主要慢性疾患の治療に欠かせないものですが、生物学的製剤の特許や独占期間が終了したことで、バイオシミラーの開発が可能になりました。バイオシミラーの導入によって、患者は、人生を変える重要な治療薬へアクセスできるようになりました。

時間の経過とともに、バイオシミラーの使用に対する信頼性は高まっていますが、まだ比較的新しい治療法であり、複雑な製造と規制プロセスを伴うため、すべての人が十分に理解していない可能性があります。

ASKの目的は、タンパク質合成の基礎、バイオシミラー製造の特殊性、規制要件の厳しさ、実臨床における生物学的製剤の導入についての教育を通じ、がん領域のバイオシミラーの知識と臨床診療に対する処方医の信頼性を向上させることです。

がん領域のバイオシミラーに関連した疑問を質問し、データやエビデンスの解釈、外挿、評価といったスキルを身につけ、最終的に、得られた知識を同僚や職場の多職種チームや患者と共有することを特に重視。

本プログラムは 、西ヨーロッパ、カナダ、日本の病院でがん患者の管理に携わる薬剤師を念頭に、デザインされています

参加する理由は?

  • 学び続けるための、アクセス無料のデジタルリソース
  • 会話でき、質問にも答えてくれる専門家講師陣
  • 固形がん治療における、最新の開発情報とバイオシミラー使用のベストプラクティスを更新
登録する

講師陣

Glenn Myers

Glenn Myers

臨床薬剤師

増田 信一

増田 信一

がん専門薬剤師

Marta Trojniak

Marta Trojniak

アシスタントダイレクター

María José-Tames

María José-Tames

アシスタントダイレクター

Torsten Hoppe-Tichy

Torsten Hoppe-Tichy

主任薬剤師

Philippe Arnaud

Philippe Arnaud

薬剤部門主任

Jatinder Harchowal

Jatinder Harchowal

主任薬剤師

Emma Foreman

Emma Foreman

コンサルタント薬剤師