バイオシミラーの導入:ファーマコビジランスのベストプラクティスに関するケーススタディ

コンテンツをシェアする

登録して、Glenn Myers氏とMarta Trojniak氏による、バイオシミラー治療中のファーマコビジランスの追加的な重要性、なぜファーマコビジランスが未知の副作用や、副作用の進行につながるリスク要素の特定に役立つのかに関する議論をぜひご視聴ください。

トピック

このウェビナーでは、ファーマコビジランス要件の様々な側面と、報告の背景について学習します。バイオシミラー医薬品の製造において、保管や輸送、送達デバイスや個人のモニタリングまで、あらゆる側面を監視することで、患者は信頼感を持ち、安心して治療に専念することができます。

この30分間のウェビナーでは、世界各国の専門家である講師陣の意見を聞くことができるだけでなく、疑問に思っていることを視聴者に質問することもできます。また、ウェビナーの中でアセスメント質問も出題されますので、聞きながら自分の知識を試すことができます。

対象者

この教育活動は、病院に勤務する薬剤師をはじめ、がん患者の管理に携わるすべての医療従事者を対象としています。

学習目標

このウェビナーの視聴後、視聴者は以下のことができるようになります。

  • モニタリングが包括的な報告にとって極めて重要な情報となる可能性のあるキーエリアを特定し、評価する
  • バイオシミラーの有効性と安全性に影響を与える可能性のある側面について、包括的なモニタリングと報告を確実に行うための効果的な戦略を実践する
  • 個人別安全性モニタリングの重要性を説明し、バイオシミラーの安全性と潜在的な採用を向上させる効果を実証する
コンテンツをシェアする
Glenn Myers

Glenn Myers

臨床薬剤師
Dr. Sheldon H Rubinオンコロジークリニック(カナダ、ニューブランズウィック州モンクトン)

Marta Trojniak

Marta Trojniak

アシスタントダイレクター
小児病院(イタリア、トリエステ)