バイオシミラーの切り替え戦略を成功させる患者のエンパワーメント

コンテンツをシェアする

登録して、Emma Foreman氏とMaría José-Tames氏による、バイオシミラーを含む治療レジメンにおける患者教育の重要性に関する議論をぜひご視聴ください。

トピック

最近の研究では、患者のバイオシミラー治療に関連した主な関心事は、安全性、有効性、適応症の外挿、潜在的な社会的利益と示唆されています。このウェビナーでは、バイオシミラーとそれに関連する患者の懸念に関して、情報を効果的に広める要素を学習します。また、患者教育におけるマルチステークホルダーアプローチと、コミュニケーション戦略の決定における医療従事者の役割について、具体的な事例を交えて解説します。

この30分間のウェビナーでは、世界各国の専門家である講師陣の意見を聞くことができるだけでなく、疑問に思っていることを視聴者に質問することもできます。また、ウェビナーの中でアセスメント質問も出題されますので、聞きながら自分の知識を試すことができます。

対象者

この教育活動は、病院に勤務する薬剤師をはじめ、がん患者の管理に携わるすべての医療従事者を対象としています。

学習目標

このウェビナーの視聴後、視聴者は以下のことができるようになります。

  • バイオシミラーの安全性、有効性、適応症の外挿について、患者が抱く可能性のある主な懸念について説明する
  • バイオシミラーの承認プロセスと、それが患者の治療とどう関わるのか、患者の理解と信頼を得るための効果的な教育戦略を適用する
  • 生物学的製剤を初めて使用する患者と、生物学的製剤からバイオシミラーへの切り替えを行う患者の教育要件の違いについて説明する
コンテンツをシェアする
Emma Foreman

Emma Foreman

コンサルタント薬剤師
王立マーズデン病院(英国、ロンドン)

María José-Tames

María José-Tames

アシスタントダイレクター
オンコロジーファウンデーション(スペイン、サンセバスチャン)