第10章

患者への配慮とコミュニケーション

2019年から2023年にかけて、バイオシミラーが生物薬品市場に参入することによる競争で、米国では約1,600億ドル、EUでは1,000億ユーロ程度の費用削減が見込まれています。英国では、国民保険サービス(NHS)が、ベストバリューの生物学的製剤やバイオシミラーの採用増加によって、少なくとも年間4億~5億ポンドの費用削減につながると予測しています。カナダでは、確立されたバイオシミラーの使用により、2021年に2億9400万カナダドルの削減効果が予測されています。一方日本では、バイオシミラーの導入(2009年)後、当初緩やかな、しかし着実なペースで普及がすすみ、2020年の年間売上高は約324億円(約3億米ドル)と報告されています。複数のステークホルダーにとって、バイオシミラーの使用を検討することには大きな意義があり、患者も恩恵を受けます。

バイオ医薬品による治療が適応となるがんやその他の慢性・非慢性疾患の患者は、これらの医薬品について十分な情報を得た上で、治療方針の決定に密接に関わっていく必要があります。患者のほとんどはバイオシミラーについて十分な知識を持っていないのが実情であり、これがバイオシミラーの使用に対する否定的な態度の一因となっています。

本章では、バイオシミラーや切り替えに関する教育や情報に対する患者のニーズ、バイオシミラー教育の様々な要素、そして患者に教育やサポートを提供する際の薬剤師の役割について説明します。

コンテンツをシェアする

他のラーニングチャプター

タンパク質の生態と生物学的製剤

第1章

タンパク質の生態と生物学的製剤

最も使用されている生物学的製剤やそのバイオシミラーを生み出すプロセスである、タンパク質合成の基礎を解説する
チャプターを見る
生物学的製剤とバイオシミラーの製造

第2章

生物学的製剤とバイオシミラーの製造

生物学的製剤またはバイオシミラーの開発と製造、固有のばらつきと品質管理を理解する
チャプターを見る
生物学的製剤の安定性、その背景理論

第3章

生物学的製剤の安定性、その背景理論

生物学的製剤およびバイオシミラーの安定性と劣化に影響を与える要因の種類と、その測定に用いられる試験について詳述する
チャプターを見る