第1章

タンパク質の生態と生物学的製剤

生物学的製剤は、がんや自己免疫疾患をはじめとするいくつかの主要な慢性疾患の治療に欠かせないものですが、生物学的製剤の特許や独占期間が終了したことで、バイオシミラーの開発が可能になりました。バイオシミラーの登場により、患者にとって、人生を変えるような重要な治療薬へのアクセスが向上しました。 生物学的製剤は何十年も前から一般的に使用されていますが、バイオシミラーは比較的新しい分子です。生物学的製剤とは、自然発生的なプロセスを経て得られる治療薬で、その多くは組換えタンパク質です。

時間の経過とともに、バイオシミラーの使用に対する信頼性は高まっていますが、まだ比較的新しい治療法であり、複雑な製造と規制プロセスを伴うため、十分に理解されていない可能性があります。

がんの治療に使用される生物学的製剤、つまりバイオシミラーは、天然に存在するタンパク質をin vitroで合成したものです。本章では、バイオシミラーの製造と規制について、その複雑さと特異性を説明する前に、タンパク質合成の基礎を説明します。これは、最も一般的に使用されている生物製剤やそのバイオシミラーを製造するために、in vitroで模倣される自然な細胞プロセスです。

コンテンツをシェアする

他のラーニングチャプター

生物学的製剤とバイオシミラーの製造

第2章

生物学的製剤とバイオシミラーの製造

生物学的製剤またはバイオシミラーの開発と製造、固有のばらつきと品質管理を理解する
チャプターを見る
生物学的製剤の安定性、その背景理論

第3章

生物学的製剤の安定性、その背景理論

生物学的製剤およびバイオシミラーの安定性と劣化に影響を与える要因の種類と、その測定に用いられる試験について詳述する
チャプターを見る
安定性データの解釈

第4章

安定性データの解釈

安定性と関連データを解釈するために、考慮すべき要素について記述する
チャプターを見る