第8章

ファーマコビジランス

バイオシミラーの規制当局による承認(第6章)は、その有効性と安全性が、基準となるバイオ医薬品と同等であるとの実証に基づいて行われます。バイオシミラーは、基準製品と完全に同一ではないことが認められており、それぞれの製造工程(第2章)の違いにより、バイオシミラーと基準バイオ医薬品の間には、免疫原性のような臨床特性にわずかな違いが生じることがあります。

安全性と有効性を確立するために行われるバイオシミラー医薬品の承認前第3相臨床試験は、一般的に、製造条件に関連した翻訳後修飾などを予測するようには設計されていません(第1章)。これは、バイオシミラーは、基本的には基準製品と同じであるため、実際の使用における副作用につながる臨床性能の違いは稀であり、多くの人が長期間にわたって治療を受けた場合にのみ検出できる可能性があることに起因しています。

本章では、生物学的製剤およびバイオシミラーの文脈におけるファーマコビジランスと、トレーサビリティの確保について説明します。

コンテンツをシェアする

他のラーニングチャプター

バイオシミラーの実際の導入

第9章

バイオシミラーの実際の導入

バイオシミラーのフォーミュラリー追加検討において考慮すべき点と、バイオシミラーの医療サービス導入における薬剤師の役割について詳述する
チャプターを見る
患者への配慮とコミュニケーション

第10章

患者への配慮とコミュニケーション

バイオシミラーに関する患者の教育ニーズと、バイオシミラーを服用する患者にアドバイスとサポートを提供する際の薬剤師の役割について論じる
チャプターを見る
タンパク質の生態と生物学的製剤

第1章

タンパク質の生態と生物学的製剤

最も使用されている生物学的製剤やそのバイオシミラーを生み出すプロセスである、タンパク質合成の基礎を解説する
チャプターを見る