要旨

がん患者を対象とした比較臨床試験に基づく、ベバシズマブのバイオシミラーで、初の集団PK解析で生物学的同等性を確認

論文題名: Population pharmacokinetic modeling of PF-06439535 (a bevacizumab biosimilar) and reference bevacizumab (Avastin®) in patients with advanced non-squamous non-small cell lung cancer(進行性非扁平上皮非小細胞肺癌患者におけるPF-06439535(ベバシズマブのバイオシミラー)と基準ベバシズマブ(Avastin®)の集団薬物動態モデリング)

引用文献: Li CSW et al. Cancer Chemother Pharmacol 2020;85:487–99

出版日: 2019年11月

要旨出版日:2021年8月
バイオシミラーとその基準生物学的製剤との生物学的同等性は、規制当局が要求するように、徹底的な臨床試験によって証明されなければならない。このプロセスの一環として、本研究では、認可されたコンピュータソフトウェアモデルを用いて、ベバシズマブのバイオシミラーとそのオリジネーターのPK値の比較可能性を評価した。

ベバシズマブは、血管新生(腫瘍の成長と生存に必要な新しい血管の形成)を阻害する遺伝子組換えモノクローナル抗体で、非小細胞肺がん(NSCLC)を含むいくつかのがんの治療に用いられている。PF-06439535 (ZibarevTM) は、ベバシズマブのバイオシミラーで、分析、前臨床試験、臨床試験など広範な開発プログラムが実施された。

臨床では、ベバシズマブは体重に応じて投与され、一定速度で静脈内に注入される。その後、この抗体医薬品は全身に分布され、治療効果を発揮するとともに、酵素分解や排泄などの代謝を経て排出される。これらの過程は、薬物動態(PK)パラメータである薬物クリアランス(CL)と分布容積(V1)で表され、二つのバイオシミラー医薬品では、同じ値になることが望ましいとされている。

包括的な比較試験で明らかになった、ベバシズマブのバイオシミラーと基準のベバシズマブとの間のPKの違いの可能性が、集団モデリングの手法を用いて調査された。この無作為化臨床試験では、NSCLC患者に、PF-06439535またはEU供給のベバシズマブ(bevacizumab-EU)のいずれかを投与し、ともに4~6サイクルの化学療法を併用し、1年間追跡調査を行った。各サイクルの前後に血清サンプルを採取し、ELISA法によりベバシズマブ(PF-06439535またはbevacizumab-EU)の濃度を分析した。これらのデータはプールされ、カスタマイズされたコンピュータソフトウェアを用いて、有効な集団PKモデルにより解析された。

全般に、このモデルは、全患者において観察されたベバシズマブの縦断的な濃度時間プロファイルを、うまく再現した。このモデルでは、NSCLC患者において、PF-06439535とbevacizumab-EUの間で、CLとV1に顕著な差がないことが確認された。これらの知見は、バイオシミラーPF-06439535と基準医薬品であるベバシズマブとの間のPKの類似性を示す、新たな裏付けとなる。

重要なポイント

ベバシズマブのバイオシミラーPF-06439535は、薬物のクリアランスおよび分布容積のいずれにおいても、基準製品と比較して、臨床的な差異は認められなかった。

関連する要旨

コンテンツをシェアする